×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2004年度
国体バスケットボール
成年女子決勝

愛知県代表 対 熊本県代表

ダンさん、宙を舞う!


AICHIALLSTARS(とユニに書いてありました)
4 小野田美幸(旧姓山田)LOWS、元トヨタ
5 宇佐美里菜 筑波大
6 真鍋かおり マインドパース、元トヨタ
7 小田涼子(旧姓平野)LOWS、元三菱
8 山田かがり LOWS、元シャンソン→富士通
9 江口真由美 LOWS、元デンソー
10 名木洋子 桜花大 元日立戸塚→シャンソン
11 田淵明日香 筑波大
12 小岩由美枝 LOWS、元三菱
13 右原千晶 中京大
14 小松さやか 桜花大
15 徳守あゆみ Beat 元トヨタ
熊本県代表
4 村上好美   鶴屋百貨店
5 土橋里美   熊本女子教員
6 大西恵美   鶴屋百貨店
7 天川道代   熊本女子教員
8 坂田奈菜実  鶴屋百貨店
9 守田佳代   鶴屋百貨店
10 前田由紀子 鶴屋百貨店
11 長瀬由紀  鶴屋百貨店
12 中島雪枝  鶴屋百貨店
13 馬場晶子  鶴屋百貨店
14 寶口梓    鶴屋百貨店
15 米村知紗  熊本学園大学

大会サイト 公式記録 公式戦評

 
















ダンさん、宙を舞う!軽そうだ!

 

先発 AAS 小野田、真鍋、山田、江口、名木
       熊本  村上、土橋、坂田、守田、寶口

9:34 パスカットから速攻、江口→ORから山田 2-0
9:17 *坂田? 2-2
    このあと、自陣、真鍋から山田へのロングパス失敗
8:18 *坂田 FT2/2 2-4
    すぐに、真鍋→山田へのロングパス、またしても通らず。どうした?
8:04 *土橋 2-6

7:50 山田→小野田、落とすが自分でORを取り、FT1/2 3-6
7:30 真鍋→名木 1on1で抜き、FT1/2 4-6
7:14 *寶口、右30度3pt 4-9
6:53 山田のシュートが落ちたところ、小野田がORで、6-9

6:00ぐらい 山田、江口と、つづけて、DEFを背に、ターンしながら抜こうとするが抜けない。
        熊本のDEFが二人で寄せてくる。

5:32 *坂田 右0度3pt 6-11
    AASはコンビネーションが出来ていないのが苦しい。
5:07 江口、正面3pt ×

4:36 江口、3ptライン正面からゴールへ走る小野田にタイミングを計った絶妙の
    「ン・パス」で、FT2/2 8-11  

4:01 *坂田 1on1でかわし、バスカンも決めて、8-14
3:45 山田のスクリーンを真鍋が使い、左60度3ptで、11-14
3:21 江口→山田、ターンしてから正面ミドルで、13-14
   すぐに*馬場で、13-16

2:55 山田→ゴール下名木で、15-16
2:41 *馬場があっさりミドルを決め、15-18
2:25 熊本5F、 名木 FT2/2 17-18
2:13 *坂田のミドルで、17-20

2:00 山田、右サイドをえぐり、FT0/2
1:19 *寶口が走り、フリーの*守田、3ptで、17-23
1:05 江口が仕掛けるが、DEF(確か寶口)が身体を寄せて離さない。

0:51 *馬場が1on1からミドルで17-25 馬場のスピードにAAS
    DEFはついていけていない。
0:33 AAS 5F、*馬場 FT0/2
0:19 速攻、江口→右60度フリーの真鍋、3ptで、20-25
    すぐに*寶口で20-27

2Q 小野田、真鍋、山田、江口、名木
   村上、坂田、守田、馬場、寶口

9:52 名木 22-27
9:24 2対2の局面で、江口がフェイクをいれて相手をかわしながら、小野田にパス、
    小野田もDEFをかわしてシュートで 24-27 お見事!非常に
    見せてくれました。ナイス!

8:48 名木、DEF2人背負いながらターンシュートで、26-27 名木はゴール下が強い
8:34 *馬場がスピードを見せ付け、26-29
7:53 パスカットから速攻、一人で走った江口、正面からストップジャンプシュート!
   だが、空中で身体が流れ、失敗。うーん。伝家の宝刀炸裂と思ったのだが。

7:45 江口の3ptが落ちたところ、ゴール下小野田ORからFT2/2 28-29
7:29 真鍋→ゴール前山田→ダブルハンド45度背面パス! →
    ゴール下名木で、30-29
    すっげー。魅せますな。会場も沸きました!
    このあたりから流れがAASに。
    いっぽう熊本は、コンビネーションのミスがいくつか出たほか、
    シュートを連続して落とす。

6:29 江口→名木で、34-29 ゴール下の名木はできている。
6:15 山田out 小松in
6:09 *村上 FT 2/2 34-31
    小野田out 宇佐美in
5:55 宇佐美→小松で、36-31
5:07 速攻から真鍋のロングパス!ゴール下の宇佐美がキャッチして、38-31

4:38 こぼれ球を拾った名木、バスカンも決めて、41-31
4:28 *村上→*坂田 FT2/2 41-33
3:53 *坂田のフック気味シュートで、41-35
3:33 名木→宇佐美 43-35
3:14 *村上、エンドライン際をすり抜け、マイナスのパスを坂田に通し、43-37

2:51 江口が仕掛けた後、右0度の真鍋へ、3pt成功で、46-37
2:13 江口→フリースローラインの名木→走りこんだ小松で、48-37 
    溢れるな攻め!

1:34 小松、DEF2人を相手にフック気味シュートで、50-37
1:20 *坂田の3ptで、50-40
0:41 *馬場、1on1から、50-42
0:30 真鍋、1on1から、上手いフェイクを入れて、52-42
0:04 *寶口 52-44

2Qに入って、AASは、コンビネーションが上手く決まりだしたのと、
名木がゴール下を支配し始めたのが大きかった。


3Q 小野田、真鍋、山田、江口、名木
   村上、土橋、坂田、守田、寶口

9:38 江口→小野田のノールックパスをカットされ、*土橋のゴールで、52-46
   すぐに名木?の右30度3ptで、55-46
   このあたり、熊本はDEFについている寶口の寄せが厳しく、
   江口のカットインがなかなか通用しない。
7:14 その*寶口に江口が抜かれ、山田がBSにいくがファールとなり、FT1/2、55-47
7:04 *守田のフックで、55-49
   その後、江口がエンドライン際から「伝家の宝刀」マイナスのパスを出すが
   読まれてカットされる・・・。うーん、江口親分・・・。
   山田out 小松in

6:32 *寶口→*守田→*坂田のナイスなコンビネーションで、55-51
5:32 江口out 田淵in
4:53 *馬場?のミドルで、55-53
    このあとAASが3ptを打とうとするが、DEFの寄せがワンテンポ早く、失敗。
3:42 *馬場、一人で仕掛けて、DEFを後退させ、隙を突いてジャンプシュートで、55-55 お見事!

3:27 小野田、FTをもらいにいった? 2/2で57-55
2:58 名木out 宇佐美in
2:24 相手TOから速攻、小松で、59-55
2:08 *馬場、落としたところ、自分でORから、59-57
0:30 真鍋が左サイドをえぐり、61-57
0:03 24秒ぎりぎり、田淵→小松で、63-57

こぼれ球への執着心、そしてORへの飛び込みと、ダン小野田がをみせたクォーターだった。今日も後光がまばゆいです。

4Q
小野田、宇佐美、真鍋、田淵、小松
村上、坂田、守田、馬場、寶口

9:08 宇佐美→右からゴール下へ走りこんだ小松で、65-57
8:20 エンドラインからのリスタートから、*馬場 65-59
8:05 小松ので、67-59
7:54 *寶口→マイナスのパス→走りこんだ*坂田で、67-61
7:14 小松out 名木in 小松は一人で持ちすぎる場面があった。

7:04 左の名木→宇佐美、正面遠目から決めて、69-61
6:23 *馬場→*守田 DEFがぽっかり空いたところフリーで、69-63
6:06 真鍋→名木 71-63

5:40 田淵が3ptラインの外からゴール下の小野田へ
かなり無理があったが、小野田はなんとかキャッチ、DEFと競り合いながらも、
一回体勢を整えてからジャンプし直してシュートを決め、73-63 ワンダフル

4:53 小野田、DEF二人の間をすり抜けてゴールで、75-63
    いままで静かだった隣りのおばちゃんも思わず「素晴らしいね」と唸る!
   と、またしても小野田、すぐにパスカットを見せる!

3:58 *土橋 75-65
   小松out 山田in
3:21 真鍋→名木 FT1/2 76-65
3:14 速攻からロングパス、*土橋で、76-67
2:18 田淵out 江口in
2:14 名木のダイナミックなレイアップで、78-67

1:56 *土橋、マッチアップした小野田をターンでかわしながらレイアップで、78-69
1:35 熊本が5Fで、江口 FT0/2 おいおい・・・。
1:24 山田がORを取るも、その後名木がダブルチームに来られ、TOに
0:52 ORに飛び込んだ小野田にファール FT0/2 あれあれ・・・。
0:40 山田 80-69
0:19 山田 FT2/2 82-69 さすがです!

ということで、見事AASが3連覇!最初はコンビがうまくいかず、熊本のDEFに苦しめられたが、名木の強さ、そしてなによりも小野田の元気さがチームを引っ張り、勝利へと導いたように思う。

MVPは文句無しにダンさん! 崇拝してます、としか言いようがありまへん。来年も、再来年も頑張ってくだされ!

また、LOWS所属の皆さんには、クラブでも全国制覇をぜひ!2冠達成を目撃するのを楽しみにしています。大学生選手には、インカレでの活躍を期待!

いっぽうの熊本。破れはしたものの、馬場、坂田の両選手、ええですなぁ。特にミドルシュートの決定力が素晴らしい。そして、なによりもチームとしての早め早めの仕掛けは今日も健在。見る者をひきつけるゲームを繰り広げてくれました。鶴屋組には、AJでの活躍に期待!今年こそ初戦突破を!

戻る